住宅ローンで困ったら!任意売却で救済可能

任意売却のメリットとは

住宅ローンの返済が滞ると、一括での返済を求められるようになります。それができないとなれば、住宅は差し押さえられて競売で安く処分されてしまいます。けれどもその前に売却をしようとしても、ローンの残債を全て支払わなければ住宅の抵当権は外してもらえません。そこで任意売却を行うことにより、ローンの残債が残っても住宅を処分できるようになります。任意売却は債権者の許可を得ることで、ローンを全て返済することができなくても、競売よりも有利な条件で住宅を売却できる手段となります。残った住宅ローンは分割返済することができるので、無理なく支払うことができるというわけです。生活の再建をすることができるのが、任意売却のメリットと言えます。

任意売却で注意すべきこと

競売よりも有利に売却できる任意売却ですが、注意したいこともあります。まず必ず債権者に相談をすることが必要であるということです。その上で、債権者が許可した仲介業者に売却を頼む必要があります。自分で勝手に業者を決めて売却しようとしても、場合によっては抵当権を外してくれないことがあります。そうなれば買い手に物件を引き渡すことができなくなります。また競売までの期間は決まっているので、その間に売却しなければならないことも心得ておく必要があります。そのためには少しでも高い金額で売ろうと欲を出さずに、まずは処分することを優先することが大事です。任意売却はあくまでもローンの残債を無理なく返済し、生活を立て直すことが目的であると知っておく必要があります。

© Copyright Business Consultant. All Rights Reserved.