競売にかけられる前に!要検討の任意売却

住宅ローン問題を解決する方法は1つではない

住宅ローンの返済に困ったとき、まずは債務整理を検討してみましょう。任意整理や個人再生で解決ができるなら、家を売らずにすむことがあります。住宅ローンの返済自体ができない場合には、やはり家を売却してローンの返済にあてなければならないでしょう。
そのまま放置していると自動的に競売になってしまいますが、その前に家を売ってしまうという方法もあります。しかし、オーバーローンとなってしまっている場合には、普通の方法では家を売ることができないでしょう。ローンを返済することができず、家も売ることができないという人は、競売しか手段がないと考えるかもしれません。しかし、任意売却という方法ならば、そのような状況でもほとんど相場と変わらない価格で家を売ることが可能です。

デメリットはほとんどない?

住宅ローンの返済ができないという人の場合には、そのままでは競売となってしまうので、任意売却をすることのデメリットはほとんどないと言えます。競売になったときのデメリットはとても大きいので、それに比べたら任意売却のほうが一般的にはメリットがはるかに大きいです。競売になると家を安く売られてしまう可能性が高いだけでなく、近所の人に知られてしまったり、手元にいっさいお金が残らなかったり、大きなデメリットがあります。任意売却をすれば家が相場とほとんど変わらない価格で売れるというだけでなく、近所の人に知られることなく行うことができます。さらに、引っ越し費用などを手元に残せる可能性もあります。また、理解のある投資家などに買い取ってもらえば、家賃を支払うことでそのまま同じ家に住み続けられるケースもあります。

© Copyright Business Consultant. All Rights Reserved.